仲介営業職

宮脇 猛

(2011 年入社)

営業統括部

始める前に答えを出さない。
自分にもお客様にも、絶対に妥協しないこと!

道しるべをつくること

この仕事をする上で一番大切にしていることは“お客様目線で物件を探す事”。
私達の仕事は、自分の価値観や都合の良い物件を押し売りする営業ではなく、あくまで“提案をする”“道しるべ”をつくる事です。
お恥ずかしながら、私自身他の誰よりも物件を知り尽くしている、という訳ではないんです。ただ、常に“自分がこの家を買うなら・・”とお客様目線で物事を考え、 一緒に悩み、お客様に少しでも安心して頂けるように不安な点は事前にお伝えする事を徹底しています。
物件の良い部分だけでなく、デメリットがあるなら必ず全てをお伝えする。その上でお客様からたくさんお話をしてもらうように心がけています。

相手の立場に立ち、当たり前のことを当たり前にする。仲介のお仕事は信頼関係が構築できてこその仕事だと思っています。その上でお客様の背中をしっかり後押しすることが私たちの仕事であると思います。

何事も楽しみながらチャレンジ

仕事を面白くするのも、ただ毎日それとなく過ごすのも自分次第。
失敗をすることもあると思います。そこで諦めてしまえば“本当の失敗”ですが、“勉強になった!次はこういう提案をしてみよう!”と発想の転換をする事はとても大事な事だと感じています。とはいえども営業ですから数字に対しての取り組みは必要不可欠。よく結果が全てだ、という言葉を耳にしますが、私の考えは少し違います。良い結果から出た答えは1つです。しかしたとえ結果が出なかったとしても、取り組んだその過程には次へつながる答えが3つも4つもあると思っています。

仲介業はとても奥が深い仕事ですから、これからもたくさんの“初めて”にチャレンジが出来ます。たくさんの出会いのあるこの仕事はとても面白いですね。

東田 将義

仲介営業職

(2004 年入社)

塩見 昌也

仲介営業職

(2005 年入社)

宮脇 猛

仲介営業職

(2011 年入社)

清水 宜樹

仲介営業職

(2010 年入社)

逢坂 有香

仲介営業職

(2008 年入社)

廣常 翔子

施工管理職

(2007 年入社)