仲介営業職

清水 宜樹

(2010 年入社)

営業統括部

正直に分からないことを分からないと言える勇気
何事にも正直であること!

志を高くもつこと

これまで作業現場で働いていた自分にとって、大きな組織の中で働く事自体が初めての経験でした。
コピーのとり方や、書類の作成の仕方・・慣れない日常業務に初めは戸惑ったことを覚えています。
入社してからしばらく業務をこなしていく中で仕事に対しての意識が大きく変わったのは、初めて後輩ができた時です。
自分が初めて先輩になって「このままでは駄目だ。」と強く感じました。年齢や学歴、ましてや入社時期等は関係なく実力があるものが上へいく世界ですから、焦りましたね。やるべき事を再確認し仕事への意識がさらに向上したように感じます。
特別に取り組んでいることや難しい事をしている訳ではなく、分からない事はその場で質問し、理解する見栄をはらない、という事が大切。ただ1番不安なのはお客様なのですから、その場で判断できない事ははっきりと「分かりません」とお話し、自分が理解してからお伝えするようにしています。小さな見栄が後で大きな事故になりかねないのが自分の行っている仕事。お客様にも仲間にもそして自分自身にも常に正直であることが大切だと思います。

お客様への対応の中で感じる事

以前、友人から家を購入してもらったことがあります。自分のことを信用してもらえている嬉しさと、同時に責任感も強く感じましたね。
いつも以上に丁寧に確認しながら進めていったことを覚えています。私達が行っている仕事は、あくまでもお客様の背中を押してさしあげることであり、自分の都合の良い物件を押売りすることではありません。
入社してから現在まで店長に日頃から言われている事は、「自分よがりにならないこと」。
私達が行っている提案営業とは、お客様の意思を確認し誘導させて頂くこと。道をつくることだと思っています。

東田 将義

仲介営業職

(2004 年入社)

塩見 昌也

仲介営業職

(2005 年入社)

宮脇 猛

仲介営業職

(2011 年入社)

清水 宜樹

仲介営業職

(2010 年入社)

逢坂 有香

仲介営業職

(2008 年入社)

廣常 翔子

施工管理職

(2007 年入社)