Interview

糸井 彩Itoi Aya
営業所長/2008年入社


「自分の意見を押し付けない。」

工務店の営業職として大切なのは、自分の意見を押し付けないこと。壁紙やキッチンの色、その他諸々人それぞれで感覚が違います。だから、自分好みではなくお客様をまず1度受け入れます。そこから本当に提案するべきことをお話していくんですね。初めの頃は、仕事を続けていけるか心配でしたが、今は人と話すのが楽しいです。
特に、担当したリフォームの家ができあがったときは楽しいですね。できあがるまでの過程を見ていなかったお客様の「こんなに素敵になっている!」という言葉は「よっしゃ!やったで!」と思います。契約取ることも嬉しいですが、できあがるまでの過程が一番嬉しい。サプライズな提案やきめ細かいサービスも提供しますが、それらがカタチになってできあがるからこそ喜びになります。お客様から高い評価をいただき、次の仕事に繋がることもやりがいです。


「どんな学生?あまりこだわりなくてOK。」

今のやりがいは、新卒入社の後輩がどんどん営業に出て、日に日に顔つきも変わりイキイキとしている彼らの成長を感じるとき。何かを指導するとき、「なぜできないの?」と思ってしまうんですね。簡単なことなのになんで?どうやったら伝わるんだろう?と試行錯誤しています。よく考えてみたら自分も初めはそうだった。今になって上司の気持ちが分かるようになりました。
どんな学生に来てほしいかというこだわりは、あまり持たなくてもいいかもしれません。私も福祉系からこの業界に入ったので。工務店だからって絶対建築の知識が必要なわけでもありません。やる気があって、建築が好き、勉強したい!と思える人なら大歓迎。新卒は元気があればOK。何もできなくても、それされあればできることはたくさんあります。


「結婚しても働くのは、私の中で当たり前。」

自分はつらいとき、次のことを考えます。失敗しても終りよければ全て良しってね。今後に関しては、 結婚しても社内の産休育休制度を利用して働きたいですね。 結婚しても働くのは自分の中で当たり前です。


Q.

アナタハ、ダレノタメニ ジブン
ヲモヤシテイマスカ?

A.

未来の自分のためです。一つひとつの自分の成長の積み重ねが未来に繋がる。そう考えるとワクワクして仕方がないですね。5年後10年後が楽しみです。大げさなものじゃなくてもいい。1歩から。